肌老化の原因 酸化/活性酸素によって起こる肌のトラブル

apple2

肌の老化の原因は色々ありますが、酸化も肌老化の原因のひとつ。
では酸化ってどんなことが起こるか知っていますか??

apple2まず酸化とは酸素が何かと結びつく働きのことを言います。
りんごの切り口が茶色く変色したり油が茶色く変色するのも空気中の酸素に触れた結果。
酸素にふれた物は必ず酸化していきます。

肌の上でも油が変色したりりんごが茶色く変色する酸化と同様の状態が起こっています。
例えば朝出かけてお昼頃になるとテカリやすい小鼻やTゾーンなどが脂っぽくメイクが崩れていたとします。
その状態(皮脂がでた状態)をそのままにしておくと皮脂が空気に触れて酸化しニキビの原因になったりします。
またメイクが崩れた状態(余分な皮脂を取り除かず)にメイク直しをしようとすると、空気に触れて酸化した皮脂がそのままパフについてしまうのでこれも二キビやくすみの原因になります。
このように皮脂が酸化すると肌トラブルを引き起こしてしまいます。

活性酸素も肌の老化を早める原因のひとつです。

悩む女性
活性酸素は体内に取り込まれた酸素の一部が変化し活性酸素となります。
生きていれば必ず行う呼吸ですが、体内へ取り込んだ酸素の少量が活性酸素となります。
体内でウィルスや細菌を殺菌したり免疫力を高めるのに必要な物質でもありますが、日ごろの生活で活性酸素を増やし肌や身体へダメージを与えてしまうこともあります。
例えば喫煙や強いストレス、紫外線、排気ガス、食品の添加物なども活性酸素を発生させる要因の1つです。
肌にとってはしみ、そばかすを増やしたり肌のハリを奪ったりターンオーバーが乱れ肌がごわついたりと様々な肌トラブルの原因になります。

活性酸素はシミ、ソバカスを増やします。

shigaisen5紫外線で体内に活性酸素が発生すると活性酸素を除去しようとしてメラニン色素が発生します。
メラニン色素はシミ、ソバカスの原因なので活性酸素が多いほど
メラニン色素もふえシミ、ソバカスの原因を増やしてしまうことになります。
日焼け止めで紫外線を予防することも大切ですが、過剰に紫外線を浴びないように気をつけましょう。

もともと活性酸素の発生を抑える抗酸化力が人間には備わっていますが、年齢と共にその力は弱まっていきます。
それに加え日々の生活で沢山活性酸素を発生させると肌や身体にいろいろなダメージを与えてしまうことになります。
紫外線だけでなく活性酸素を発生させる原因をできるだけ作らないようにしましょう。

日常生活で活性酸素を取り除く方法

fruits3日々の生活で活性酸素を作る原因を避けて抗酸化力のある栄養(ビタミンEやビタミンC、βーカロテン)を積極的に取りましょう。
また水素水やサプリメントを上手に活用して活性酸素を除去することもできます。

そして化粧品にも活性酸素を除去しながらお手入れできるものがあります。

 

 

抗酸化力のある化粧品はこちら

アイモイストトライアルセット

ディセンシア サエルトライアルセット

 

 

 

防腐剤とは

薬ビン

化粧品は使用する期間が長いため品質保持の為に防腐剤が必要になります。
今回は防腐剤の役割や種類について記事にしました。

防腐剤の役割

薬ビン

化粧品の成分にはアミノ酸、糖類などカビや微生物のエサになりやすいとう点があります。
これらの微生物が混入して繁殖したら化粧品が変質し肌トラブルの原因になってしまいます。
化粧品は使用期間が長く使用している間に微生物が繁殖したり
また化粧品を使うときに手や指から微生物が入り込むことがあるので
長期間安定した品質を保つ為には防腐剤が必要になります。

防腐剤の種類

代表的な成分はパラベン、フェノキシエタノール、安息香酸、ヒノキチオールなどがあります。
パラベンですが色々種類があり抗菌力の差があります。
高い順にブチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、メチルパラベン。
ただし抗菌力が高いと皮膚刺激も強くなります。

パラベンやフェノキシエタノールは配合量が多いと肌への刺激が強くなるため製品に配合できる上限が決められてます。
最近はBGなどの保湿剤で防腐効果があるものと組み合わせたり、他の成分との組み合わせでパラベン類の組み合わせや配合量が少なくなっています。

防腐剤というとパラベンというイメージが強くパラベンフリーとうたっているものもあります。
でも他の防腐剤を配合している場合もあります。

肌が弱く防腐剤が気になるのであればパラベンだけを気にするのではなく
他の成分も見る必要があります。
心配であればパッチテストをして顔につける前に試してみるのがおすすめです。

化粧品の中には防腐剤を使用していないものもあります。
そういった物は保管方法や使用期限などがメーカーによって決められています。
もし防腐剤が入っていない物を使うときはそのあたりを気をつけて使いましょう。

 

 

酸化防止剤とは

aisyadou2

化粧品の品質を保持するために必要な成分、酸化防止剤。
今回はその役割や効果などを記事にしました。

化粧品の酸化を防止するだけじゃない効果も成分によっては期待できます。
参考にしてみてくださいね。

酸化防止剤の役割

aisyadou2

化粧品に使われる原料の中で油性成分の中には酸化しやすいものがあります。
料理で使う揚げ油が時間が経過すると茶色くなるのは空気と触れて油が酸化するからで化粧品の油性成分も同様です。
油性成分が酸化すると臭いが変化したり皮膚への刺激の原因ともなります。
その為化粧品の品質を保持するためにも酸化防止剤が必要になります。

酸化防止剤の性質、効果

annaigirl2

酸化防止剤の代表成分はトコフェロール(ビタミンE)です。
水にはほとんど溶けずアルコールによく溶ける性質を持ちます。
その他にはアスコルビン酸(ビタミンC)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)などがあります。

トコフェロール(ビタミンE)肌の老化や肌荒れの原因となる活性酸素を除去、フリーラジカルを除去したり過酸化脂質の発生を防ぐ効果があります。
活性酸素は紫外線やストレス、喫煙、排気ガスなど日常生活の様々な場面で作られてしまいます。
体の中で除去できる範囲を超えると紫外線によりシミの原因を作ってしまうことにもなります。

多くの化粧品に配合されている酢酸トコフェロールは血行を促進して肌荒れや日焼けによるシミ、ソバカス、肌の老化を防ぐビタミンE効果を発揮します。
その為エイジングケア効果のある化粧品やくすみケア効果のある化粧品に多く使われています。

トコフェロール配合のスキンケアはこちら

米肌
アルケミー[alchemy]
カナン[canann]
アイモイスト

 

肌を老化させる原因 乾燥☆肌を乾燥から守るお手入れ方法

保湿女性

肌の老化する原因のひとつ、乾燥対策は毎日していますか?

保湿女性

 

乾燥する秋や冬は保湿ケアをきちんと行う方も多いと思いますが
保湿する以外にも肌を乾燥から守る方法が沢山あります。

今回は肌が乾燥する原因や肌を乾燥から守るお手入れ方法を紹介したいと思います。

 

 

「肌を老化させる原因 乾燥☆肌を乾燥から守るお手入れ方法」の続きを読む…

界面活性剤とは/界面活性剤の種類と特徴

kusuribin2

化粧品や洗剤、食品など幅広く使われる界面活性剤について詳しく記事にしました。

kusuribin2界面活性剤は油になじみやすい部分(疎水基)と水になじみやすい部分(親水基)を持ち合わせています。
同じ分子内に正反対の作用を持っているので本来混ざり合うことのない水と油を混ぜ合わせることができます。
その働きとしては洗浄、乳化、浸透、分散などがあり、石鹸や洗剤、化粧品、医薬品、食品などの成分としても利用されています。

界面活性剤の種類と特徴

1、イオン性の界面活性剤です。

これは水に溶けると親水基の部分がイオンになるものです。
イオンの種類により陰イオン、陽イオン、両性の3つです。

陰イオン界面活性剤・・・主な用途としては石鹸、シャンプー、洗顔料です。
成分としては高級脂肪酸石せっけん、アルキル硫酸エステル塩、
Nーアシルアミノ酸塩など

N -アシルアミノ酸塩
皮膚や髪の毛に対する作用が穏やかで、生分解性に優れています。
シャンプーや洗顔に使用されていて、泡立ちをよくするために配合されています。

アルキル硫酸エステル塩
家庭用や工業用の各種洗浄剤として広く使用されています。

陽イオン界面活性剤・・・主な用途としては制汗剤やトリートメント、リンス、コンディショナー 成分としては塩化アルキルトリメチルアンモニウム、ベンザルコニウムクロリド、
ベヘントリモニウムクロリドなど

塩化アルキルトリメチルアンモニウム
髪の毛への吸着性に優れているので帯電防止や髪の毛にしなやかさを与える特徴があるのでリンスやコンディショナーなどに含まれています。

ベンザルコニウムクロリド
殺菌・抗菌作用に優れているので、防臭作用、柔軟作用、帯電防止作用があります。シャンプーや
リンス、柔軟剤などに含まれています。

ベヘントリモニウムクロリド
髪の毛に柔軟性を与え帯電防止効果があります。柔軟剤、シャンプー、コンディショナーなどに使用されています。殺菌効果もあるので、フケやカユミ対策の製品に配合されています。

 

両性イオン界面活性剤・・・主な用途としてはシャンプー、トリートメント、リンス、柔軟剤です。
成分としてはコカミドプロピルベタイン、アルキルジメチルアミノ酢酸など

コカミドプロピルベタイン
主にヘアケア製品に使用されています。
刺激がほぼなく泡立ちのよさや洗浄中の感触の良さもあります。
低刺激なのでベビー用シャンプーや目にしみにくいシャンプー、リンスに使用されています。

アルキルジメチルアミノ酢酸ベタイン
主にヘアケア製品に使用されています。
帯電防止効果や髪を柔軟にしたり、、しっとりさせるなどの効果があります。

2、非イオン性の界面活性剤です。

水に溶けた時にイオン化しない親基水を持っています。

非イオン界面活性剤・・・乳化を得意としているので多くの化粧品に使用されています。
成分としてはステアリン酸グリセリル、PFG60 水添ヒマシ油など

ステアリン酸グリセリル
乳化の安定を高めるため補助的に使用されています。
スキンケアでは乳液やクリーム、美容液、パックに使用されています。また
石けんやシャンプー、ヘアワックス、リンス、トリートメントなど幅広く使われています。